プロの料理師を目指すなら専門学校で技術を得よう

男女

一流になるための新しい道

コック

のびのびと勉強ができる

プロの料理人を目指す時には飲食店に勤務しながらそこで修業を積むというスタイルがおなじみです。このスタイルを通して超一流の料理人にまで上り詰めた人たちはたくさんいますし、実際いま現在も日本各地のお店で多くの料理人志望者が日夜修業を積んでいます。しかし、飲食店で働く以外の選択肢がここのところ登場しました。それは専門学校に行って料理人に必要な技術や知識を勉強するというスタイルです。専門学校の魅力は必要最低限の知識をバランスよく学べる点にあります。実際の店舗で勉強をする場合にはそのお店が和食なのか洋食なのかといった要素で勉強できる内容が変わりますが、専門学校なら和洋中といったいろいろな分野のことを満遍なく学べます。また、お店で働きながらスキルアップを目指すとお給料をもらうわけですからお客さんを満足させることも当然求められます。これに対して、専門学校の場合にはそういった責任がいっさいありませんからプレッシャーを感じることなくのびのびと勉強に集中できます。

土地によって変わる

もちろん、専門学校のカリキュラム以外にも自主的に料理のことを勉強する姿勢が大切なのは言うまでもなく、それを考えると専門学校の立地もなかなかに重要な要素です。例えば、東京にある専門学校に行くと学校からの帰り道や休みの日を使ってさまざまな飲食店にご飯を食べに行くことができます。日本の首都である東京には伝統的なものから独創的なものまで合せるとかなりの数の飲食店があり、それらを自分の舌で味わってみることも料理人として成長するためには欠かせないステップです。また、超一流の人たちの料理を経験してみることはとてもいい刺激となり、専門学校の勉強に対するモチベーションのアップにもつながります。ほかにも、これが北海道になれば新鮮な魚介類を使った料理をたくさん味わえますから、将来そういった方向を目指している人にとっては最高の地です。料理の専門学校を探す時にカリキュラムの中身をチェックしない人はいませんが、地の利にまで気を配っている人はまだまだ少なく、そこまで考えられるとほかに人から一歩リードできます。

バリスタになるためには

バリスタ

カフェで働いたり、バリスタに成るためには必須の資格や認定は有りません。しかし、未経験では、おいしいコーヒーを入れたり、お客さんを満足させたりすることは見込めないでしょう。基礎を学ぶためには、カフェ専門学校を考えてみては如何でしょうか。

Read More

活躍の場が広がります

お寿司

現在、海外でも注目されているのが日本の食文化である寿司です。そのため、寿司を握ることが出来れば、海外に進出するチャンスもあります。職人になる為には寿司の学校に通うという方法もあります。決まった期間に魚のさばき方などプロとして自立できるように指導してくれます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Read More

食の知識を提供する仕事

洋食

フードコーディネーターになるには、資格取得をしてスキルの高さを証明することで就職に有利になると言えます。専門学校を選んで勉強することで、より高度で専門的な知識を身につけて就職することが可能になります。

Read More